-トップへ-

七里ヶ浜の哀歌

三角錫子 作詞
T・ガートン 作曲

1
真白(ましろ)き富士(ふじ)の根(ね) 緑(みどり)の江(え)の島(しま)
仰(あお)ぎ見(み)るも 今(いま)は涙(なみだ)
帰(かえ)らぬ十二(じゅうに)の 雄々(おお)しきみたまに
捧(ささ)げまつる 胸(むね)と心(こころ)

2
ボートは沈(しず)みぬ 千尋(ちひろ)の海原(うなばら)
風(かぜ)も浪(なみ)も 小(ちい)さき腕(うで)に
力(ちから)もつきはて 呼(よ)ぶ名(な)は父母(ちちはは)
恨(うら)みは深(ふか)し 七里(しちり)が浜辺(はまべ)

3
み雪(ゆき)は咽(むせ)びぬ 風(かぜ)さえ騒(さわ)ぎて
月(つき)も星(ほし)も 影(かげ)をひそめ
みたまよ何処(いずこ)に 迷(まよ)いておわすか
帰(かえ)れ早(はや)く 母(はは)の胸(むね)に

4
みそらにかがやく 朝日(あさひ)のみ光(ひか)り
暗(やみ)にしずむ 親(おや)の心(こころ)
黄金(こがね)も宝(たから)も 何(なに)しに集(あつ)めん
神(かみ)よ早(はや)く 我(われ)も召(め)せよ

5
雲間(くもま)に昇(のぼ)りし 昨日(きのう)の月影(つきかげ)
今(いま)は見(み)えぬ 人(ひと)の姿(すがた)
悲(かな)しさ余(あま)りて 寝(ね)られぬ枕(まくら)に
響(ひび)く波(なみ)の おとも高(たか)し

6
帰(かえ)らぬ浪路(なみじ)に 友(とも)よぶ千鳥(ちどり)に
我(われ)もこいし 失(う)せし人(ひと)よ
尽(つ)きせぬ恨(うら)みに 泣(な)くねは共々(ともども)
今日(きょう)もあすも 斯(か)くてとわに