-トップへ-

すみれ

乙骨三郎 作詞
W.A.モーツァルト 作曲

牧場(まきば)の片(かた)かげ ひともと寂(さび)しく
咲(さ)きし花(はな) すみれ
草(くさ)刈(か)る乙女(おとめ)の 踏(ふ)む足(あし)かろげに
こなたに 近(ちか)よる見(み)て

あわれや ひそかに思(おも)わく
やさしの君(きみ)に 愛(め)でられ
その手(て)に 摘(つ)まれて
胸(むね)にも 触(ふ)れたや
ただ ただ 束(つか)の間(ま)だに

ああ あわれ その花(はな)
たちまち乙女(おとめ)に 踏(ふ)みにじられ
倒(たお)れふしつ 言(い)えるは
「げに わが望(のぞ)みよ
恋(いと)し君(きみ)のため 死(し)なば」
痛(いた)ましや その花(はな)すみれ