-トップへ-

田道間守

作詞・作曲者不詳

1
かおりも高(たか)い たちばなを
積(つ)んだお船(ふね)が いま帰(かえ)る
君(きみ)の仰(おお)せをかしこみて
万里(ばんり)の海(うみ)をまっしぐら
いま帰(かえ)る田道間守(たじまもり) 田道間守(たじまもり)

2
おわさぬ君(きみ)の みささぎに
泣(な)いて帰(かえ)らぬ まごころよ
遠(とお)い国(くに)から積(つ)んできた
花(はな)たちばなの香(か)とともに
名(な)はかおる田道間守(たじまもり) 田道間守(たじまもり)