-トップへ-

ともしび

音楽舞踊団カチューシャ 作詞
ロシア民謡

1
夜霧(よぎり)のかなたへ 別(わか)れを告(つ)げ
雄々(おお)しきますらお 出(い)でて行(ゆ)く
窓辺(まどべ)にまたたく ともしびに
つきせぬ乙女(おとめ)の 愛(あい)のかげ

2
戦(たたか)いに結(むす)ぶ 誓(ちか)いの友(とも)
されど忘(わす)れえぬ 心(こころ)のまち
思(おも)い出(で)の姿(すがた) 今(いま)も胸(むね)に
いとしの乙女(おとめ)よ 祖国(そこく)の灯(ひ)よ

3
やさしき乙女(おとめ)の 清(きよ)き思(おも)い
海山(うみやま)はるかに へだつとも
二(ふた)つの心(こころ)に 赤(あか)く燃(も)ゆる
黄金(こがね)のともしび 永久(とわ)に消(き)えず

4
変(か)わらぬ誓(ちか)いを 胸(むね)に秘(ひ)めて
祖国(そこく)の灯(ひ)のため 戦(たたか)わん
若(わか)きますらおの 赤(あか)く燃(も)ゆる
黄金(こがね)のともしび 永久(とわ)に消(き)えず