-トップへ-

茶つみ

作詞・作曲者不詳

1
夏(なつ)も近(ちか)づく 八十八夜(はちじゅうはちや)
野(の)にも山(やま)にも 若葉(わかば)が茂(しげ)る
「あれに見(み)えるは
茶摘(ちゃつみ)みじゃないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠(かさ)」

2
日和(ひより)つづきの 今日(きょう)この頃(ごろ)を
心(こころ)のどかに 摘(つ)みつつ歌(うた)う
「摘(つ)めよ摘(つ)め摘(つ)め
摘(つ)まねばならぬ
摘(つ)まにゃ 日本(にほん)の茶(ちゃ)にならぬ」