ソメイヨシノ

トップ > バラ目 > バラ科

「ソメイヨシノ」はエドヒガン系の桜とオオシマザクラの交配で生まれたと考えられるバラ目バラ科の日本産の園芸品種です。現在は公園や街路・河川の堤防など各所に植栽されています。
 名前の由来は,江戸末期から明治初期に、江戸の染井村に集落を作っていた造園師や植木職人達によって育成され,「吉野桜(ヤマザクラの意)」として売り出していたことから「ソメイヨシノ」とつけられたそうです。