アブラナ

トップ > アブラナ目 > アブラナ科

「アブラナ」はアブラナ目アブラナ科の二年生植物で,西アジアから北ヨーロッパ原産の帰化植物であり,農耕文化と共に渡来したといわれています。
 本来は葉物野菜として栽培されてきましたが,江戸時代になって植物油の採油目的として栽培されるようになり,その油は菜種油と呼ばれています。
 丈夫で育てやすく,広く栽培されているので「菜の花畑」は春の風物詩として知られ,歌や文学作品の題材となっています。