キクザキイチゲ

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「キクザキイチゲ」は本州中部から北海道にかけて分布するキンポウゲ目キンポウゲ科の多年草です。広葉樹林内などに自生し,草丈10cmから30cmくらいで,3月から5月頃に花を咲かせますが,花弁に見えるのはガクであり,その色は白色から紫色まで様々なものがあります。
 春先に花を咲かせ,林の若葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり,その後は翌春まで地中の地下茎で過ごすスプリング・エフェメラルの一種です。