エゴノキ

トップ > ツツジ目 > エゴノキ科

「エゴノキ」は北海道から沖縄にかけて分布するツツジ目エゴノキ科の落葉小高木です。雑木林などで見ることでき,樹高10mほどになり,5月頃に白い花を下向きに多数付け,その後灰白色の卵形の実をつけます。
 実を口に入れるとえぐいことが名前の由来なっています。ほかに,「チシャノキ」「ロクロギ」などの別名があります。