ニリンソウ

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「ニリンソウ」は北海道から九州にかけて分布するキンポウゲ目キンポウゲ科の多年草です。林などの中やその周辺の湿ったところに生育しています。名前の由来は,1本の茎に2個の花がつくのでこの名前が付けられました。
 春の山菜である「フクベラ」として知られ,若葉は食用されますが,有毒のトリカブトの葉と似ているので注意が必要です。