ヤブデマリ

トップ > マツムシソウ目 > レンブクソウ科

 「ヤブデマリ」は本州から九州にかけて分布するマツムシソウ目レンブクソウ科の落葉低木です。
 山野の谷沿いや川沿いなどの湿り気のあるところに多く生え,樹高は3mから4m位になります。
 5月から6月にかけて白い花を咲かせますが,白い花びらのようなものが花だと思われがちですが,中心部分のぶつぶつしたところが本当の花です。周囲の白い部分は,装飾花と呼ばれるもので,花びらが5つに分かれています。(花びらの1枚は極端に小さいため,ちょっと見ると4つに分かれているように見えます。)