ツボスミレ

トップ > キントラノオ目 > スミレ科

 「ツボスミレ」は北海道から九州・屋久島まで分布するキントラノオ目スミレ科の多年草です。山野の湿ったところや畑や水田の水路脇などに普通に見ることができます。花は小さく,白色で「唇弁」と呼ばれる花弁に紫色の筋が入ります。
 名前の由来は坪(庭)に生えるスミレという意味です。また「ニョイスミレ」という別名がありますが,それは葉が「如意」という仏具に似ているから付けられました。