タチツボスミレ

トップ > キントラノオ目 > スミレ科

 「タチツボスミレ」は北海道から沖縄にかけて分布するキントラノオ目スミレ科の多年草です。野原や山林などいろいろなところで見ることができます。
 根出葉は細い葉柄があり形はハート型をしています。花期は3月から5月で,葉の間から花茎を伸ばして淡紫色の花を咲かせます。花の後は葉の間から茎を伸ばし始め,草丈20cmくらいになります。

花の後ろに伸びる距(きょ)は淡紫色をしています。「オオタチツボスミレ」によく似ていますが,オオタチツボスミレの距は白色をしています。