ミヤマカタバミ

トップ > カタバミ目 > カタバミ科

 「ミヤマカタバミ」は本州から九州にかけての山地の木陰などに自生するカタバミ目カタバミ科の多年草です。
 地下茎から長い葉柄を出し,ハート型の葉を3枚つけます。花は3〜4月頃に白い5弁の花を咲かせますが,日光が当たらないと葉を開かず,夕方には閉じてしまいます。名前の由来は葉がカタバミに似ているところから付けられました。