オオアラセイトウ

トップ > アブラナ目 > アブラナ科

 「オオアラセイトウ」はアブラナ目アブラナ科の越年草です。中国原産の帰化植物であり,日本には江戸時代に渡来して栽培されたものが野生化しました。草丈は30cmから50cmくらいになり,3月から5月頃に紫色の花を咲かせます。
 「ショカツサイ」,「ムラサキハナナ」という別名がありますが,「ショカツサイ」は諸葛孔明が広めたとの伝説からつけられ,「ムラサキハナナ」はその花の色からつけられました。