ホトケノザ

トップ > シソ目 > シソ科

 「ホトケノザ」は本州から沖縄にかけて分布するシソ目シソ科の一年草または二年草です。道端や田畑の畦などでよく見られる雑草です。草丈は10cmから30cm程度で,花は3月から6月にかけて紫色の花を付けます。
 葉が茎を包み込むようになるので,これを仏の蓮華座に見立てて,「仏の座(ホトケノザ)」の名前が付きました。春の七草に,「ホトケノザ」の名前がありますが,それは本種のことではなく,「コオニタビラコ」というキク科の植物を指します。