ウゴツクバネウツギ

トップ > マツムシソウ目 > スイカズラ科

 「ウゴツクバネウツギ」は北日本の日本海側に生えるマツムシソウ目スイカズラ科の落葉低木です。本種は「ツクバネウツギ」の変種で,葉が大型で厚く光沢があります。
 花のがくが羽子板遊びの羽根である衝羽根(つくばね)に似ており,羽後(うご)地方に多く自生していることが名前の由来になっています。