ナガハシスミレ

トップ > キントラノオ目 > スミレ科

 「ナガハシスミレ」は北海道から本州の日本海側と四国に自生するキントラノオ目スミレ科の多年草です。
 スミレの仲間は花の後方に距(キョ)と呼ばれる膨らみを持っていますが,ナガハシスミレは距が極端に長く,それが名前の由来になっています。別名はテングスミレですが,これもその姿から付けられました。