ヤマエンゴサク

トップ > キンポウゲ目 > ケシ科

 「ヤマエンゴサク」は本州から九州にかけて分布するキンポウゲ目ケシ科の多年草です。山野の湿った林内や林縁に生え,4月から5月頃に青紫色の花を咲かせます。
 似た植物に「エゾエンゴサク」がありますが,花茎の元に付いている苞と呼ばれる葉がヤマエンゴサクは先端に切れ込みが入ることで見分けることができます。
 初夏には地上部は枯れてなくなり,翌春まで地中の地下茎で過ごすスプリング・エフェメラルの一種です。
→エゾエンゴサク