ホウチャクソウ

トップ > ユリ目 > イヌサフラン科

 「ホウチャクソウ」は北海道から九州の林などの陰地に生えるユリ目イヌサフラン科の植物です。地下茎を延ばして,その先端に翌年の株ができる擬似一年草です。
 若芽のときは山菜として利用されるアマドコロやナルコユリの若芽と似ていますが,毒があるので注意が必要です。
 花が,寺院などの軒先の四隅に吊り下げられた宝鐸(ほうちゃく,ほうたく)に似ていることが,名前の由来になっています。