ハマダイコン

トップ > アブラナ目 > アブラナ科

 「ハマダイコン」は北海道から九州の海岸近くの砂地などに自生するアブラナ目アブラナ科の越年草です。3月から5月にかけて花を咲かせますが,その若葉や花は天ぷらなどにして食用することができます。
 以前は栽培種の大根が野生化したものと考えられていましたが,遺伝的研究の結果,栽培種とは差が大きく,野生種の可能性が高いと言われるようになりました。