クサノオウ

トップ > キンポウゲ目 > ケシ科

 「クサノオウ」は北海道から九州の野原や林縁に自生するキンポウゲ目ケシ科の一年生(越年草)です。
 草丈40cmから80cmくらいになり,5月から7月にかけて黄色の花を咲かせます。
 このクサノオウには毒性があり,生薬と使用すれば,イボやインキンタムシなどの患部に塗れば効果があります。名前の由来はは皮膚病の一種である瘡(クサ)の優れた治療薬であることから,「瘡の王」と付けられたそうです。