ミツマタ

トップ > アオイ目 > ジンチョウゲ科

 「ミツマタ」は中国中南部・ヒマラヤ地方原産のアオイ目ジンチョウゲ科の落葉低木です。日本には江戸時代初期に渡来し,皮は和紙の原料として用いられています。
 ミツマタの枝は,写真のように必ず3つに分岐することが名前の由来になっています。