ハハコグサ

トップ > キク目 > キク科

 「ハハコグサ」は日本全国の道端や田の畦などで普通に見ることができるキク目キク科の越年草です。冬はロゼット状で過ごし,春になると茎を伸ばして10cmから30cm位になります。花期は4月から6月で茎の先端に黄色い花を咲かせます。
 春の七草の一つでもあり,オギョウの名前で登場します。昔は草餅の材料として使用されてきましたが,明治の頃からヨモギが使用されるようになりました。