リュウキンカ

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「リュウキンカ」は本州から九州にかけて分布するキンポウゲ目キンポウゲ科の多年草です。水辺や湿地などに自生し,写真のものもミズバショウのすぐそばで花を咲かせていました。
 若芽は山菜として食用にすることがありますが,食べ過ぎると下痢などを起こすことがあります。