ザゼンソウ

トップ > オモダカ目 > サトイモ科

 「ザゼンソウ」は北海道から本州中部以北の主に日本海側に多く分布するオモダカ目サトイモ科の多年草です。
ミズバショウと同じように湿地に生育し,2〜3月にかけて花を咲かせますが,そのときに熱を発し周囲の雪を溶かします。またそのときに悪臭を発し,それによって昆虫を引きつけ,受粉をします。
 茶色の仏炎苞を「仏像の光背」に見立て,そのなかにある花を座禅をしている僧侶に見えることが名前の由来になっています。