サンシュユ

トップ > ミズキ目 > ミズキ科

 「サンシュユ」は中国から朝鮮半島原産のミズキ目ミズキ科の落葉小高木で,日本には江戸時代に持ち込まれ,薬用植物として栽培されるようになりました。
 早春に葉が出る前に黄金色の花を咲かせるところから「ハルコガネバナ」の別名があり,また秋には赤い実をたくさん付けるところから「アキサンゴ」の別名もあります。