オオヤマザクラ

トップ > バラ目 > バラ科

 「オオヤマザクラ」は北海道から本州の日本海側と四国の山地などに自生している野生種の桜です。
 日当たりがよく,水はけのよい土壌を好み,樹高15m程度になります。花は淡紅色で花の時期は樹木全体がピンク色の染まります。(写真のものは光の加減で白っぽく見えます。)
 ヤマザクラに比べて,花や葉が大きいことが名前の由来になっています。