チョウジザクラ

トップ > バラ目 > バラ科

 「チョウジザクラ」は本州東北以南の太平洋側に自生する野生種の桜です。花のつけ根から花弁までの萼で覆われている部分(萼筒)が長く,花弁が大きく開くので,花を横から見ると「丁」の字に見えるところから,「丁字桜(チョウジザクラ)」の名前がつきました。
 観賞用の価値が低いので,好んで植えられることはないようです。