マキノスミレ

トップ > キントラノオ目 > スミレ科

 「マキノスミレ」は「シハイスミレ」の変種で,本州近畿地方から東北の明るく乾燥した林の縁などで自生するキントラノオ目スミレ科の多年草です。
 葉が垂直に立つ傾向があり,葉の裏が紫色をしていますが,花が咲き終わると淡緑色になります。植物学者である牧野富太郎博士が発見したことが名前の由来になっています。