ヤマツツジ

トップ > ツツジ目 > ツツジ科

 「ヤマツツジ」は北海道南部から九州にかけて分布するツツジ目ツツジ科の半落葉低木です。山野で普通に見られ,日本の野生ツツジの中で最も分布域が広い品種です。
 4〜5月,枝先に2〜3個の花を咲かせますがその色は赤や紫紅など個体差があります。春と秋に葉を出し,秋の葉は冬芽の廻りに輪生して冬を越すため,半落葉性といわれます。