タヌキラン

トップ > イネ目 > カヤツリグサ科

 「タヌキラン」は北海道南西部から本州中部にかけて分布する日本固有種のイネ目カヤツリグサ科の多年草です。山地の湿った場所などに生え,5〜7月に開花します。花は写真のように小さな花が穂状になります。
 この花穂が狸の尻尾に似ていることが名前の由来になっています。