エビネ

トップ > キジカクシ目 > ラン科

 「エビネ」は北海道南西部から沖縄県にかけて分布するキジカクシ目ラン科の多年草です。広葉樹林などで生育し,4〜5月頃花茎を伸ばし10個以上の花を咲かせます。
 地表近くの根がエビのように曲がっているところから海老根(えびね)の名前がつきました。このエビネも採取されることが多く,絶滅危惧U類に指定されています。