キンギンボク

トップ > マツムシソウ目 > スイカズラ科

 「キンギンボク」は北海道南西部から東北地方,それに本州の日本海側と四国に分布するマツムシソウ目スイカズラ科の落葉低木です。山野に自生するほか,庭木として植栽されることもあります。
 5〜6月頃に花を咲かせますが,最初白色のものが後に黄色くなり,白と黄色が入り交じることから金銀木(キンギンボク)の名前が付けられました。また実がひょうたんの形に似ているところからヒョウタンボクと呼ばれることもあります。