クマガイソウ

トップ > キジカクシ目 > ラン科

 「クマガイソウ」は北海道南部から九州にかけて分布するキジカクシ目ラン科の多年草です。低山の竹林や杉林などに生育し,春に大きな袋状の花を咲かせます。
 花の形が昔の武士が背負った母衣(ほろ)に見立て,また花の色が白のため,源平合戦の白旗の源氏の武将である熊谷次郎直実から名がついたといわれます。