ラショウモンカズラ

トップ > シソ目 > シソ科

 「ラショウモンカズラ」は本州から九州にかけて分布するシソ目シソ科の多年草です。山地の湿った場所や渓流沿いなどに自生し,4月から6月にかけて紫色の花を咲かせます。
 名前の由来は,その花を渡辺綱が羅生門で切り落としたとされる貴女の腕に見立てたといわれています。ちなみに「カズラ」とはつる性植物のことで,花が咲いた後,茎が地上近くを這って伸びていきます。