ギンラン

トップ > キジカクシ目 > ラン科

 「ギンラン」は北海道から九州にかけて分布するキジカクシ目ラン科の多年草です。山地の林の中に自生し,草丈は10cmから25cmくらいになります。
 茎は直立し,葉は3枚から6枚程度が互生します。葉の形は狭長楕円形で,葉先は尖り,基部は茎を抱きます。花期は5月から6月で,茎の先に数個の白色の花を咲かせます。
 本種は「ササバギンラン」に似ていますが,ササバギンランの草丈は30cmから50cmと大きく,その大きさで区別することができます。