オキナグサ

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「オキナグサ」は本州から九州にかけて分布するキンポウゲ目キンポウゲ科の多年草です。日当たりのよい草原や河川の堤防などに生育しますが,最近では各地で激減しています。
 4月から5月にかけて暗褐色の花をうつむき加減に咲かせます。花が咲いた後,白くて長い毛に覆われた実をつけますが,その白い毛を白髪の老人にたとえて「翁草」と名付けられたと言われています。
 有毒植物であり,汁が皮膚に付くと皮膚炎を起こし,誤食すると腹痛や嘔吐のほか心停止を起こすこともあります。