シラネアオイ

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「シラネアオイ」は北海道から本州中部にかけて分布するキンポウゲ目キンポウゲ科の多年草です。日本固有種であり,山地から亜高山帯のやや湿り気のあるところで見ることができます。4月から6月に花を咲かせますが,淡い紫色の花弁に見えるものはガクであり,花弁はありません。
 和名は日光白根山に多く見られ,花がタチアオイに似ているところから付けられたといわれています。