キランソウ

トップ > シソ目 > シソ科

 「キランソウ」は本州から九州にかけて分布するシソ目シソ科の多年草です。明るい草地や道端などいたる所で見ることができます。冬期は葉をロゼット状につけて過ごし,春になると茎を伸ばし,節ごとに紫色の花を咲かせます。
 「ジゴクノカマノフタ」というすごい別名がついていますが,春の彼岸の地獄の釜の蓋が開く頃に咲くという説や,葉が地面を密に覆い地面に蓋をしているように見えるからという説など諸説あるようです。