アズマシロカネソウ

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「アズマシロカネソウ」は本州の中部から東北地方の日本海側に分布するキンポウゲ目キンポウゲ科の多年草です。主に山地などの湿地で見ることができます。
 葉は薄い緑色をしており,4月から5月頃に花を咲かせます。花弁に見えるのはガクであり白色に紫色が不規則に入ります。東日本で見られることとガク片の色を白銀に見立てて名前が付けられました。