ハナニラ

トップ > キジカクシ目 > ネギ科

 「ハナニラ」は南アメリカ原産のキジカクシ目ネギ科の球根植物です。日本には明治時代に観賞用として輸入されましたが,繁殖力が旺盛であり,各地で野生化しています。
 春にニラに似た葉を出し,3月から5月頃に花茎を伸ばして白から淡紫色の6枚の花弁をもつ花を咲かせます。地上部が見られるのは春だけで,夏には枯れてしまいます。