ユリワサビ

トップ > アブラナ目 > アブラナ科

 「ユリワサビ」は本州から九州にかけて分布するアブラナ目アブラナ科の多年草です。日本固有種であり,山地の沢や渓流近くの湿った場所で見ることができ,草丈20cmから30cmくらいになります。
 茎は細く,生長すると倒れて途中からまた立ち上がります。葉は根生葉は円形ですが茎葉は心形をしており互生します。花期は3月から5月で,茎の先端に花序をつけます。花は白色の4弁の花を咲かせます。

 茎は途中まで倒れ,葉は心形をしています。