オオマツユキソウ

トップ > キジカクシ目 > ヒガンバナ科

 「オオマツユキソウ」はヨーロッパ中南部原産のキジカクシ目ヒガンバナ科の多年草です。日本には昭和11年頃に渡来したといわれ,観賞用に各地で植栽されています。
 葉はスイセンのように細長くなり,3月から5月にかけて白いスズランのような花を咲かせます。その葉と花の様子から「スズランスイセン」の別名があり,「スノーフレーク」とも呼ばれます。