ウマノアシガタ

トップ > キンポウゲ目 > キンポウゲ科

 「ウマノアシガタ」は北海道から沖縄にかけて分布するキンポウゲ目キンポウゲ科の多年草です。日当たりのよい山野で見ることができ,草丈30cmから60cmくらいになります。
 葉は3から5裂した掌状の形をしています。花期は4月から6月で,黄色い光沢のある5弁の黄色い花を咲かせます。「キツネノボタン」などと似ていますが,本種は花弁が幅広く光沢があることで見分けることができます。名前の由来は根生葉を馬の蹄に見立てたといわれています。