フッキソウ

トップ > ツゲ目 > ツゲ科

 「フッキソウ」は北海道から九州にかけて分布するツゲ目ツゲ科の常緑小低木です。山地の林内などで見ることができ,茎は地面を這って伸びていきます。
 茎の先は立ち上がり,多数の葉が密集してつきます。花期は3月から5月で,茎の先端に花序をつけ白い花を多数つけます。雄花と雌花がありますが,雄花は花序の上部に咲き,雌花は花序の下部に咲きます。常緑で青葉が絶えないところから,繁栄を意味する「富貴草(ふっきそう)」の名前が付けられました。

     葉の様子です。