オニノゲシ

トップ > キク目 > キク科

 「オニノゲシ」はヨーロッパ原産のキク目キク科の越年草です。日本には明治時代に渡来し,その後全国に広まりました。現在では各地の道端や荒れ地などで見ることができます。
 葉は茎を抱くようにつき,鋸歯がありますがその先が鋭いトゲ状になり,触ると痛みを感じます。花期は4月から10月と長く,タンポポのような黄色い花を咲かせます。「ノゲシ」に似ていますが,ノゲシより大きく荒々しい感じがします。