スズメノエンドウ

トップ > マメ目 > マメ科

 「スズメノエンドウ」は本州から沖縄にかけて分布するマメ目マメ科のつる性の越年草です。道端や草地などで普通に見ることができます。
葉は12〜14枚の小葉からなり,その先には葉が変化した巻きひげがあります。花期は4月から6月で葉腋から伸びた花茎に4個程度の白紫色の花を咲かせます。名前の由来はカラスノエンドウより小型であることから「スズメ」の名前を当てました。