マツバウンラン

トップ > シソ目 > オオバコ科

 「マツバウンラン」は北アメリカ原産のシソ目オオバコ科の一年草または越年草です。日本では1941年に確認され,現在では関東地方から九州の日当たりのよい場所で見ることができます。
 茎は細く,根生葉はロゼット状につけますが茎葉は線形で互生します。花期は4月から6月で,紫色の花を穂状につけます。葉の形が松葉に,花がウンランに似ていることが名前の由来になっています。

←葉の様子です。