アゼスゲ

トップ > イネ目 > カヤツリグサ科

 「アゼスゲ」は北海道から九州にかけて分布するイネ目カヤツリグサ科の多年草です。池の周辺などの湿地で見ることができ,地下茎で広がるため群生します。
 草丈は30cmから70cmくらいになり,茎の断面は三角形をしています。花期は4月から6月で,上部に茶褐色の尾花をつけ,その下に雌花をつけます。名前の由来は田の畦に生えるスゲであるところからつけられました。